Blind-Love
BANDAGE1/16公開 友&仁2/23参戦予定

■ プロフィール

愛里

Author:愛里
ジャニーズ好きの自己満ブログ
だらだらとヲタってます

赤西仁を溺愛
基本はJ事務所みんな好き
辛口??毒舌?
それは関西仁だからかも??
批判・苦情は受け付けませんので。


浜崎あゆみ
彼女があたしの生きる道しるべ
「思い出してみて
 壁にぶち当たったら
  君が負けそうになっている
  今日って日は
   どこかの誰かが
   戦いたかった明日なんだ」

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ FC2カウンター

■ 最近のコメント

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

■ 検索フォーム

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
浜崎あゆみ a
前にも書いたと思いますが愛里はジャニ以外にもAYUが大好きです
つか何気にジャニよりも前からAYUが好きでした ( ̄▽ ̄;)

んでほぼ毎年恒例となったAYUのLIVE
今年もきっちり大阪公演2Days両方行って参りました

まぁここからはかなりジャニとは関係の無いAYU好きとしての愛里のコメントになりますんで興味の無い方はスルーで



コメレスもここで

えるさん…

イケメンではなかったんですね泣

「KAT-TUN6人で…」の仁コメント使われたんですね~
やっぱりムーブはええ番組や☆
山崎さんは昔から見てていろいろ感じてるものがあるんでしょうね
でもそれを鼻にかけて知ったかしてないとこが結構好き笑

昨日に限っては編集早かったですよ~
いっつもは後回しの癖に苦笑
なかなかやる気が起きないんですよね~





あっ
ちなみにひとつだけ自慢!!

7年越しで初!!

サインボールGETヾ(@^▽^@)ノ 


20070605151750.jpg

愛里がAYUを知ったのは実は横担のおかげなんです
もうタッキーへの愛もおちかけてた頃(笑)横担にアルバム(たしかベストだったかな?)を借りて曲を聴いたとき
まだなんにもAYUの事知らなくって顔さえもうろ覚えなぐらいやったのに単純に「綺麗やな」って思って何故か泣いたのを覚えてます

それからいろんなAYUの曲を聴いて「なんでこんなに切ないんやろ」「もっと知りたい」って思ってそこからは雑誌とかTVとかそれこそネットとかでAYUを見るようになって歌だけじゃなくてAYU自身が綺麗って知って、ファッションリーダー(?)やって事も知りました

その当時愛里はお馬鹿やからいろんな噂とかも信じてたりして真実だけを見極めることが出来てなかったけど(今も出来てるか分からんけど)だんだん「浜崎あゆみ」って人間を見て、聴いてくうちに持ってるものすべてに惹きつけられていきました


ただ可愛いだけとか、ファッションがカッコいいとかじゃなくてAYUはファンに「浜崎あゆみ」って一個人として何かをずっと語りかけてくれてて、
何かあって自分が叩かれるたびに傷ついてるはずやのに真っ先にファンを心配するような人…


すっごい素直やから嘘つくことが出来なくて雁字搦めになった時期もあったよな~
でもそのときもAYUは答えが見つかった時ちゃんとファンに教えてくれた
「ごめんね」と「ありがとう」の大切さ、教えてくれた

愛里はAYUじゃないし真意は分からんけどAYUが歌う歌って「恋人」とかそういうのをモチーフにしてる歌が多いってよく言われるけど、そうじゃなくていっつもどこか語りかけてて「愛する人」(恋人に限ったものじゃなくて例えば、仲間やったり、家族やったり)へのメッセージ性が強い歌を届けてくれる気がする

AYUがあの場所に行くまでいっぱい手放したものや、消えていったものに対しての決別ってのもあるかも

「AYUは悲しい歌じゃないと」って人もいっぱいおるけど昔から悲しさの中にいつも希望を望んでたAYUやから今こうやって何か大切なもの見つけて輝いてるAYUもやっぱり素敵やなって愛里は感じる


ジャニが好きになって「AYUファンです!!」って堂々言えるか分からんけど毎年AYUのLIVE見て終わりがきて、始まりがくるのはやっぱり今年も変わりませんでした


最高のエンターテイメントを魅せてくれる浜崎あゆみはやっぱり愛里にとって特別な存在みたいです












頑張れ!前向け!って、でも、無理しないでいいよって、ゆっくりでも本当に大切な人は消えたりしないって今年もまたあなたに救われました

どうかあなたが幸せでありますよう


「あなたにだけはこの思いが伝わりますように…」
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 日常

■ 愛里へメッセージ

御用の方はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

■ QRコード

バーコードリーダーで携帯からも見れます☆

QRコード

■ リンク

■ アーカイブ


copyright 2005-2007 Blind-Love all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。